市販薬の汗止め「オドレミン」を使ってみた

外用薬

私は30年前、まだ18歳の頃にオドレミンという薬剤について初めて知りました。具体的な経緯は覚えていませんが、薬局で手に入れたことをはっきりと覚えています。当時、私は重度の手汗に悩まされており、期待を込めて手のひらにオドレミンを塗ってみたのですが、残念ながら効果を感じることはありませんでした。

後に調べてみると、オドレミンが手汗を止める効果がある主要成分は「塩化アルミニウム」であることがわかりました。しかしこの効果を発揮するためには、塩化アルミニウムの濃度が重要な要素となります。残念ながら、オドレミンに含まれる塩化アルミニウムの濃度はわずか13%と、手汗を効果的に抑えるには十分ではありません。

したがって、オドレミンは重度の手汗に悩んでいる方には効果が薄いと言えるでしょう。しかし、軽度の手汗の方にとっては効果が期待できる可能性があります。もし手汗が軽度である場合は、オドレミンを試してみる価値はあるかもしれません。

また、オドレミンは市販の薬局で手軽に入手できる利点があります。病院に行く暇がない方にとっては便利な選択肢です。もし忙しくて薬局に行く時間がない場合でも、インターネットでもオドレミンを購入することができます。

【まとめ】
オドレミンは手汗に効果的な成分である塩化アルミニウムを含んでいますが、その濃度が13%と少ないため、重度の手汗には効果が限定的です。しかし、軽度の手汗の方にとっては効果がある可能性があります。オドレミンは病院に行く手間がなく、薬局やインターネットで手軽に入手できるので、試してみる価値はあります。

タイトルとURLをコピーしました