小学生時代の全校集会で

辛い経験(日記)

小学生の頃、私は多汗症(足汗もひどい)で悩んでいたことで、夏の全校集会がとても恥ずかしい思い出となりました。毎回の集会で私は汗に悩まされていました。

不定期に体育館で行われる全校集会の日が近づくと、私はいつも心配でいっぱいでした。他の子たちは普通に座っているのに、私は足から汗がどんどん滲み出てくるのが分かっていたからです。靴や靴下を履いていないから、足の裏の多汗症が隠せず、恥ずかしい思いをするのが分かっていました。
(私の小学校では夏場、健康の為に「はだし月間」があり、校内で上履きもはかず、はだしで過ごさなければなりませんでした)

集会が進むにつれて、私の汗の量はますます増えていきました。床には大量の汗のシミができていました。集会が終わり、退場する時には、私が座っていた場所をみんなが避けて通るのを目撃することもありました。床にできた汗のしみを避けるように、周りの子たちは通り道を作りながら去っていく様子を見ると、ますます恥ずかしさと寂しさがこみ上げてきました。自分の多汗症が原因で、周りの人たちに迷惑をかけてしまっているのだと思うと、胸が苦しくなりました。

集会の内容も全く頭に入ってこなかったんです。周りの子たちは話に夢中になっているのに、私はただ自分の汗と戦いながら過ごすだけでした。集会に参加することがいやで、心から楽しむことができませんでした。

毎回の夏の全校集会が近づくたびに、私は心の中でむなしさを感じていました。なぜ自分だけがこんなにも多くの汗をかくのか、なぜ他の子たちと同じように過ごすことができないのか、とても悔しく思っていたんです。毎回の集会で、自分の多汗症に悩みながら過ごすことに、常に苦しみを感じていました。

タイトルとURLをコピーしました