多汗症との戦い:バスケットボールからサッカーへの新たなスポーツの道

辛い経験(日記)

バスケットボール部での苦悩 – 手掌多汗症との闘い

私は小学校の頃、バスケットボール部に所属していました。スポーツが大好きで、友達と一緒にプレーすることは楽しさの一部でした。しかし、私には一つの問題がありました – 手掌多汗症(手の多汗症)というものです。

手掌多汗症からの脱却 – サッカーとの出会い

バスケットボールをプレーすると、練習や試合中に緊張が高まると手から大量の汗が噴き出してきました。シャツやズボンで手を拭っても、どんどんと汗が湧いてきてしまい、ボールをキャッチするのが難しくなっていました。そのたびに試合でのプレッシャーや練習のストレスが増大し、どんどん自信を失っていきました。

こんな状況が続いた結果、1年間でバスケットボールを辞める決断をしました。多汗症に悩み、プレーに支障をきたすのは非常につらかったのです。

しかし、この決断が私に新たな道を開いてくれました。

次に私が選んだスポーツはサッカーでした。

多汗症に悩む方へのアドバイス

サッカーはバスケットボールほど手を使わないスポーツでしたので、多汗症の問題が大幅に軽減されました。手をあまり使わないため、ボールのキャッチに関するストレスもなく、楽しむことができました。

バスケットボールを辞める決断は難しかったですが、それが私にとって最善の選択でした。サッカーで新たな友達を作り、スポーツを楽しむことができましたし、多汗症の問題から解放されました。

新たな可能性を見つける力 – 逆境からの学び

最後に、このエピソードから得られる教訓は、逆境を乗り越え、新しい可能性を見つけることができるということです。私はバスケットボールを辞めることで、新たなスポーツで楽しさを見つけ、多汗症の問題から解放されました。あきらめずに、新しい道を模索してみてください。

タイトルとURLをコピーしました