フォークダンス地獄!運動会での手汗悩み

辛い経験(日記)

かつての学生時代、運動会には楽しみながら友達と過ごすフォークダンスという種目がありました。しかし、私にとっては楽しいはずのイベントが地獄となりました。なぜなら、手汗(手掌多汗症)のひどい悩みによって、異性と手を繋ぐことが苦痛な時間に変わってしまったからです。

先生に怒られるのを避けるため、必死で手汗を気づかれないように軽く指先だけで触れ合うことを試みましたが、それでも完全には隠せませんでした。曲が進むにつれて、次々と相手が入れ替わり、好きな子が相手になった時の緊張は最大限に高まりました。手のひらはますます「べちょべちょ」💦になり、心の中で「もうこの場から逃げ出したい!」という気持ちでいっぱいになりました。

フォークダンス地獄を経て、辛かったけれど成長のきっかけとなった経験を大切にしています。私の手汗があるからこそ、私は私らしく、自信を持って生きていけるのです。

タイトルとURLをコピーしました