ファミコンと手汗の苦悩

辛い経験(日記)

子供の頃、ファミコンが登場したときは友達の家で遊ぶのが楽しみでしたが、私には一つだけ悩みがありました。手汗がひどく、ファミコンのコントローラが汗でびしょびしょになってしまうのです。順番にプレーするゲームでは、手汗がばれるのが嫌で、ますます手汗が増してしまいました。

家族や兄弟とのゲームプレーに不安を感じる日々

家にファミコンがあって一人でプレーするのは楽しかったのですが、家族や兄弟と一緒にプレーするときには不安を感じていました。家族は多汗症の私の事情を理解してくれていましたが、自分だけがその辛さを感じているような気持ちになることもありました。

ゲームと向き合うための対策

私はその対策として、ファミコンのコントローラにタオルを被せるようにしました。それでも、緊張感やプレッシャーから手汗が止まることはありませんでしたが、少しはコントロールできるようになりました。

成長と自己受容の経験

今でも思い出すと、当時の自分が少し悲しくもありますが、その経験が私を成長させてくれたとも感じています。手汗がひどいことが私の個性の一部であることを受け入れ、他の趣味や興味を見つけることで、自分自身を大切にしています。

ブログを通じて共感を持つ場を提供したい

このブログを通じて、同じように悩んでいる方々に少しでも勇気や助けになれればと思います。手汗の悩みがある方々と共感し合える場所として、この経験をシェアしたいと思います。

手汗の悩みを抱える方々へ、一人で悩まずに、誰かと分かち合うことで心が軽くなることもあります。自分らしく受け入れ、他の趣味や楽しみを見つけることで、心地よい時間を過ごせることを願っています。皆さんも心配なく、自分自身を大切にしてください。

タイトルとURLをコピーしました