アポハイドローションを処方してもらいました!

外用薬

新薬 アポハイドローション20%

どんな薬?

「アポハイドローション20%」とは2023年6月1日に久光製薬から発売された手汗(手掌多汗症)用の外用薬です。オキシブチニン塩酸塩という成分の液体塗り薬です。私も含め待ちわびていた方も多いのではないでしょうか?

どこで買える?

アポハイドローション20%は残念ながら薬局では買えません。面倒ですが病院で診察して処方してもらいます。ちなみに私は皮膚科を受診しました。

診察料と薬代

まず皮膚科の診察代ですが、今回初めて行った皮膚科で1,070円でした。(3割負担で)
次に薬代ですが、この時私は脇用の新しくなったスティック型エクロックゲルも試してみたくて処方してもらいました。
よって、アポハイドローション×2本(2週間分)と エクロックゲル(スティック型1本)で合計4,760円となかなかの高額💦になりました。

使い方

1日1回、寝る前に両手のひら全体に塗布します(1回の塗布量の目安は、両てのひらに対しポンプ5プッシュ)塩アル水溶液と比べるとすぐに乾いてサラッとしています。

使用上の注意

・塗布後は薬が流れないように、手の濡れる行為は避けてください。
・手袋等で手をおおわないようにして下さい。
・起床後はすぐに手を洗う
・塗布した手で目を触らない(緑内障の原因になると病院で言われました)

使ってみた感想

「アポハイドローション20%」を7日間(1本分)使ってみた率直な感想をお届けします!少しだけ汗の量が減ったかな?という程度の効果でしたが、個人差があるかもしれません。私には塩アルの方が効果的でしたが、試してみる価値はあると思います。手汗に悩む方は、勇気を出して皮膚科を受診してみてください。あなたにはきっと効果があるかもしれません!幸運を祈ります。

タイトルとURLをコピーしました